連絡先

〒343-0022
  越谷市東大沢1-12-15  
  カンピジャーノ201

電話/FAX:
  048-971-3890
Email:
  info@hosokawa-takeshi.com

URL:
  
http://hosokawa-takeshi.com

 
HOME > たけし活動中 New! 

たけし活動中

たけし活動中 >> 記事詳細

2017/12/15

一般質問の概要 その④

| by 管理者
12月8日、一般質問を行いましたので、概要を掲載します。

④ 認知症高齢者が起こした事故に関する事故救済制度について
 ○ 認知症ひとり歩きの実態把握について
 ○ 救済制度について


質問概要
2007年に愛知県で鉄道の事故が起こりました。この事故は、認知症の男性が一人歩きをしていて、電車の線路内に入り、電車にはねられ亡くなってしまった事故です。この事故で、電車を運営しているJR東海は、線路内に侵入して亡くなった男性の家族に対し、バス等の振替えの輸送代として約720万円の賠償を求めましたが、昨年の最高裁判所の判断は家族に責任はないとし、JR東海の請求を棄却しました。
認知症で一人歩きをする高齢者を介護している家族は、多くの心配事を抱えています。
最近では良く、越谷市内でも防災無線で「迷い人」の放送を耳にします。そして、越谷市で介護を受けている方も増えています。今後2025年には日本全体で約800万人とされる団塊の世代の方々が後期高齢者になります。越谷市も例外ではありません。
そこでお伺いします。現在、越谷市内の認知症で一人歩きをする方々についてどの程度現状を把握しているのかお聞かせください。
神奈川県大和市では、先ほど述べましたJR東海の事故をきっかけに、認知症の高齢者が一人歩きなどで事故を起こし、家族が高額の損害賠償を求められた場合に備え、市が掛け金を全額負担して保険に加入する制度を今年の11月から始めました。自治体による一人歩きの高齢者対策は始まっています。このような制度があれば、家族の心労の負担も軽減されると考えられますが、この制度について市長の見解をお聞かせください。



答弁概要
一括して答弁します。
内閣府の平成29年度版「高齢者白書」によりますと、現在、我が国の65歳以上の認知症有病率は、15.2%から15.5%と推計されております。越谷市における65歳以上の人口は、平成2911月現在、83,470人ですので、約12,800人の方が認知症と推計されます。神奈川県大和市が行っている「はいかい高齢者個人賠償責任保険事業」は、認知症の高齢者やその家族が安心して地域で生活し続けるために、大変参考になるものと思われます。越谷市では、GPSの位置探索機能のついて端末機を貸与し、認知症高齢者の生活安全の確保と、その介護者の精神的負担などの軽減を目的とする事業を実施しておりますが、細川議員ご提案の救済制度につてきましては、今後、先進市の実績や効果などを検証し、調査・研究してまいりますので、ご理解賜りたいと思います。


22:51
Copyright(c) 2016 hosokawa takeshi All Rights Reserved.