連絡先

*留守にしていることが多いので留守番電話に録音して頂けると助かります。

自宅
〒343-0022
  越谷市東大沢1-12-15  
  カンピジャーノ201

電話/FAX:
  048-971-3890
Email:
  info@hosokawa-takeshi.com

URL:
  
http://hosokawa-takeshi.com

 
HOME > たけし活動中 New! 

たけし活動中

たけし活動中 >> 記事詳細

2020/05/07

埼玉県中小企業・個人事業主支援金

| by 管理者
5月7日、「埼玉県中小企業・個人事業主支援金」の概要が掲載されました。
以下に埼玉県のHPを転載します。

埼玉県のHP「埼玉県中小企業・個人事業主支援金」

支援金の概要

 目的

 新型コロナウイルス感染症により経営上の影響を受けている県内中小企業・個人事業主の事業継続や事業再開に向けた取組を支援することを目的とします。

 支給額

 20万円(県内の複数事業所を休業している場合は30万円)

 支給要件

 本支援金の支給要件は、次の全てを満たす必要があります。

 (1) 埼玉県内に本社を有する中小企業又は個人事業主であること。

 (2) 緊急事態措置を実施する前(令和2年4月7日以前)から、必要な許認可を取得の上、事業活動を行っていること。

 (3) 令和2年4月8日から令和2年5月6日までの間に20日以上、埼玉県内の事業所を休業していること。(※)

 (4) 本支援金を重複して申請していないこと。

 (5) 令和2年4月8日から令和2年5月6日までの間に営業停止等の行政処分を受けていないこと。

 (6) 暴力団、暴力団員等の反社会的勢力に属する者、代表者又は役員が暴力団員等となっている法人、
      その他知事が適当でないと認めた者に該当しないこと。

※ 休業日として取り扱う基準

番号項目日数換算
1新型コロナウイルスの影響による臨時休業日1.0日
2新型コロナウイルスの影響以外による臨時休業日・定休日(*)1.0日
3売上げがなかった日1.0日
4営業時間短縮0.5日
5店内営業の休止(デリバリー・テイクアウトのみの営業)0.5日



* 令和2年4月17日(金曜日)以前に定休日などの休業日が0日又は1日の場合は、2日休業したものとし、休業日数に加算する。

 受付期間

 令和2年5月7日(木曜日)から令和2年6月15日(月曜日)まで

 申請方法について

 電子申請を原則とします。
 (郵送での申請も受け付けますが、新型コロナウイルス感染拡大防止及び迅速な支給を実現するため、電子での申請にご協力をお願いいたします。)

 埼玉県中小企業・個人事業主支援金申請要領をご確認の上、申請をお願いいたします。

 埼玉県中小企業・個人事業主支援金申請要領(PDF:249KB)

 (1)電子申請(原則)

  下記電子申請専用ページにおいて、必要事項等を入力し、申請をお願いいたします。

  なお、令和2年6月15日(月曜日)23時59分までに送信を完了してください。

  ◆埼玉県中小企業・個人事業主支援金電子申請入口

 

 (2)郵送(電子申請ができない場合のみ)

  申請書類を簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で、以下の宛先に郵送してください。

  なお、令和2年6月15日(月曜日)の消印有効です。

 【宛先】
     〒332-8799
     埼玉県川口市本町2-2-1 川口郵便局局留
     埼玉県中小企業・個人事業主支援金事務局 宛

 【申請書様式】
   郵送で申請する場合は、以下申請書様式をダウンロードしてご利用ください。

    埼玉県中小企業・個人事業主支援金 申請書(様式1)(PDF:693KB)
      ※以下申請書記入例を参考にご記入ください。
         申請書記入例(PDF:876KB)

 申請書は、以下の県関係機関でも配布しています。
   なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下県関係機関への申請及び相談は受け付けておりません。

   ・埼玉県庁産業労働政策課
   ・埼玉県の各地域振興センター
   ・埼玉県の各県税事務所

 申請に必要な添付書類について

 申請書のほかに必要な添付書類は以下のとおりです。必要に応じて追加書類の提出や説明を求めることがあります。
 また、申請書類の返却はいたしません。

 (1)本人確認書類(個人事業主のみ)
     例) 運転免許証、パスポート、健康保険証  など

 (2)令和2年4月7日以前から事業活動を行っていることが分かる書類
     例) 直近の確定申告書の控え、法人県民税等の領収証書、個人事業税等の納税証明書  など

 (3)事業活動に必要な許可等を取得していることが分かる書類(該当する場合のみ)
     例) 飲食店営業許可、酒類販売業免許、風俗営業許可

 (4)令和2年4月8日から令和2年5月6日までの間の休業等の状況が分かる書類
     例) ホームページの告知や店頭ポスター、チラシなど対外的にその事実を周知していることが分かる写真  など

 (5)令和2年4月8日から令和2年5月6日までの間の売上げがない日が分かる書類(該当する場合のみ)
     例) 売上帳簿、事業収入額を示した帳簿  など

 (6)支援金の振込先の通帳等の写し

 その他、提出書類の詳細は、埼玉県中小企業・個人事業主支援金申請要領をご確認ください。

お問い合わせ先

  埼玉県中小企業等支援相談窓口

  受付時間:平日・休日ともに9時00分~18時00分

  電話番号:0570-000-678(ナビダイヤル) 又は 048-830-8291

 

 よくあるお問い合わせはこちら

13:36
Copyright(c) 2016 hosokawa takeshi All Rights Reserved.