連絡先

〒343-0022
  越谷市東大沢1-12-15  
  カンピジャーノ201

電話/FAX:
  048-971-3890
Email:
  info@hosokawa-takeshi.com

URL:
  
http://hosokawa-takeshi.com

 
HOME > たけし活動中 New! 

たけし活動中

たけし活動中 >> 記事詳細

2018/12/22

越谷・松伏水道企業団 コンセッション方式について

| by 管理者
12月21日、越谷・松伏水道企業団の定例会が開催されました。
今回の定例会では一般質問を行いました。内容は下記の通りです。

●今国会で成立した「改正水道法」について
 「コンセッション方式」に対する企業団の考え方は?

質問【細川】
12月に成立した「水道法の一部を改正する法律」で、特に注目されたのが「官民連携の推進」の中の、「コンセッション方式」の導入促進についてです。
このコンセッション方式について諸外国では、水道事業に民間企業か参入することにより、水道料金の高騰や水質が悪化した例も報告されています。
また、水道法が改正されたことにより、水道料金の高騰や水質の悪化など心配する声もあります。多くの方々が不安を持っている「コンセッション方式」について、企業団としての考え方をお聞かせください。


答弁【企業長】

コンセッション方式は、それぞれの水道事業が基盤を強化するための選択肢の一つであり、その選択は住民の意思を十分に踏まえた上での地方公共団体の自主的な判断にゆだねられるものです。短期間で結果を求められるコンセッション方式が有効な選択肢の一つとなりうるのかどうか、未だに国内での導入事例はありませんので、その評価が得られるには、相当の時間を要するものと思われます。こうした状況にあって、水道を供給する最終責任者は、我々水道事業体であることに変わりはありません。当企業団は、水道基盤強化の選択肢の一つである広域連携の先駆けとして、既に50年の実績があります。企業としての経済性と公共の福祉の増進を図ることを経営の基本とし、新たな運営形態への移行を考えることなく、引き続き、企業団としてしっかいりと水道事業体の責務を果たしてまいります。




09:18
Copyright(c) 2016 hosokawa takeshi All Rights Reserved.