連絡先

〒343-0022
  越谷市東大沢1-12-15  
  カンピジャーノ201

電話/FAX:
  048-971-3890
Email:
  info@hosokawa-takeshi.com

URL:
  
http://hosokawa-takeshi.com

 
HOME > たけし活動中 New! 

たけし活動中

たけし活動中 >> 記事詳細

2018/03/19

3月 定例会 閉会②

| by 管理者
3月16日、3月定例議会が閉会しました。全ての市長提出議案は可決しましたが、今定例会に提出された下記の請願は否決されました。

請願「日本国憲法第9条の改正の発議については、慎重に取り扱うよう国会に意見書の提出を求める件」
請願要旨・請願の理由についてはこちらをご覧ください。

この請願は総務常任委員会に付託されたので、私自身委員長を務めている関係で委員会での賛否を表明することは出来ませんでしたが、本会議での採決では賛成をしました。

請願の要旨にもあるように、憲法9条の改正については、現在の国民世論においても賛否が2分する課題であり、改正の発議に関しては期限を設けるず、慎重に取り扱く課題だと認識しています。
私が所属している立憲民主党は、憲法を一切改定をしてはいけないという立場ではありません。国民・市民にとって真に必要であれば、改定に関して議論・検討するべきだという考えです。
そして、私自身立憲主義の立場から、憲法に関する議論に関しては「国家権力の正当性の根拠は憲法にあり、あらゆる国家権力は憲法によって制約、拘束される」という観点をしっかりと認識し、そのうえで議論・検討することが重要であると考えます。
今回国会で議論されている「憲法9条の改正」については、あまりにも拙速すぎると感じます。集団的自衛権の一部の行使を閣議で決めたことや、それを根拠として制定された安全保障関連法案についても国民の理解は十分に得られていないと感じますし、それに加え「憲法9条の改正」の発議を期限を決めて取扱うことは、国民不在での議論としか思えません。
以上の理由等から憲法9条の改正の発議については、慎重に取り扱うべきだと考え今回の請願に賛成をしました。しかし残念ながら、賛成少数でこの請願は否決をされてしました。


00:07
Copyright(c) 2016 hosokawa takeshi All Rights Reserved.